AFTER POST OFFICE.
toiletforgateの建築の正面写真
1/7
toiletforgateの建築の平面の写真
2/7
toiletforgateの建築のトイレと光
3/7
toiletforgateの建築のアーチと風景
4/7
toiletforgateと東大の福武ホール
5/7
toiletforgateの建築の倉庫
6/7
toiletforgateに映り込む東大の建物
7/7
Toilet for gate
情報を集める、変身する、1人になるなどのトイレの中に見出された体験を少しだけ大きくするような生きられるトイレ。
東京大学の赤門の横にトイレを計画した。東京大学を行き交う人々の風景を映し出すアーチ状のドアが特徴である。通り抜けできる2つの個室のトイレであるが、入口のドアは1つだけのように見えるように設計した。ドアは片側ずつ開く開き戸で電子施錠によって管理される。求心性の強いアーチを半分に分けるデザインとすることで、個室を使いながらも大きな器としてのトイレを使っているという意識を共有することを意図した。自身が使用している個室だけではなく、隣の個室を意識の中で現象させるようなデザインにすることで、トイレは大切に使われるのではないか。このような意識がこれからの時代に求められると強く感じている。また「トイレを通りぬけるという体験」を通じて、情報を集めたり、変身したり、1人になったりというトイレに見出された喜びを少しでも大きくすることができれば嬉しい。
toiletforgateの建築のアクソメ図
01/10
toiletforgateの建築の展開アクソメ図
02/10
toiletforgateの建築の平面図
03/10
toiletforgateの建築の平面図と動線
04/10
toiletforgateの建築の立面図
05/10
toiletforgateの建築の断面図
06/10
toiletforgateの建築の断面図
07/10
toiletforgateの建築の立面図
08/10
toiletforgateの建築の断面図
09/10
toiletforgateの建築の断面図
10/10
Detail
date | 2021.02
type | Architecture
staff | 山地大樹┈Daiki Yamaji
location | Tokyo.Japan
Related link
Coming soon
AFTER POST OFFICE. →  Works → Toilet for gate