AFTER POST OFFICE.
carryhomeのプロジェクトの家を運んでいる人
1/4
carryhomeの丸いシートと家
2/4
carryhomeの家に集まる子供たち
3/4
carryhomeのコンセプトのドローイング
4/4
Carry home
家の居心地の良さや、家ならではの雰囲気を、そのまま公共空間に運び込むと、都市はもっと豊かになる。
家を運ぶ。直径5mのシートを「家」に見立てて、その「家」を自宅から公共空間へ運び込み、家の中のように振る舞う。家だけが持つアットホームな雰囲気や居心地の良さが公共空間に漏れ出してゆく。リビングのような暖かい雰囲気に惹かれて、多くの子供達が入ってきたり、知らないおじさんと交流が生まれたりする。この「家」が、その土地ならではの風景や体験を映しだしてゆく。
carryhomeのアクソメの図面
1/3
carryhomeの平面図
2/3
carryhomeの立面図
3/3
Detail
date | 2020.10
type | Art City
staff | 山地大樹┈Daiki Yamaji
location | Tokyo.Japan
partner | Shotaro Nishi,Betty Imo
other | フェスティバル/トーキョー20に「リリクリ」として出展しました。
Related link
AFTER POST OFFICE. →  Works → Carry home