AFTER POST OFFICE.
utataの音楽祭の踊っている写真
01/14
utataの音楽祭の壁面の絵画
02/14
utataの音楽祭の円柱を回る人
03/14
utataの音楽祭の円柱からでてくる人
04/14
utataの音楽祭の光を浴びる人
05/14
utataの音楽祭の円柱から見切れる人
06/14
utataの音楽祭の円柱と楽器を演奏する人
07/14
utataの音楽祭の紙に映る光と影
08/14
utataの音楽祭の円柱に反射する風景と人
09/14
utataの音楽祭の円柱に反射する光の線
10/14
utataの音楽祭の光に向かって歩く人
11/14
utataの音楽祭の光と影の絵画
12/14
utataの音楽祭の地を這う人の即興の踊り
13/14
utataの音楽祭の紙に映る光
14/14

UTATA

大きな鏡貼りの円柱を回りながら、演者と観客が身体の旅を経験する統合型音楽祭。
統合型音楽祭の企画と空間設計を行った。この音楽祭では、「回る」という体験から出発して空間をつくることを考えた。約7m角の一般的な箱の中心部に、約直径2mの鏡貼りの円柱を差し込んだ。会場内部のルールとして「必ず反時計回りに回る」ことを設定し、演者にも観客にも平等に周知した。このルール以外は、立ち止まっても、踊っても、歌っても、絵を描いても、声を上げても、何をしても良い。グルグルと回る体験を通して、様々で出来事や即興が行われ、身体や世界の見え方が変様してゆく。回る体験を通して、演者も観客も溶け合って身体が共振してゆくような、新しいかたちの音楽祭である。
utataの音楽祭の会場構成の図面
1/2
utataの音楽祭の平面図
2/2
Detail
date | 2020.12
type | Architecture Art Event
staff | 山地大樹┈Daiki Yamaji
location | Roppongi.Tokyo.Japan
partner | Betty Imo,Tokiko Muro,Masayuki Takasuka,Yuichi Mizuno,Yusuke Kuchiki,Mari Hoshi,Kenichi Kannno,Nobuto Ishinari,Kazune Matsushima,rerecre
Related link
AFTER POST OFFICE. →  Works → UTATA